tackle

[Fishing Tackles]


道具
Wader ソール部がフェルトの物は土の釣り場でかなり滑りやすいので要注意。
やはり現地で購入すると現地に最適な物が手には入ります。そのうえ安い。
しかしGoretexを使用していたりする良い物は日本の方が品数が豊富。
良い物を使う人は日本で買ってくるのが無難。
RodとReel King Salmon用 30lbsのLure Rod
+
30lbs lineが200yards巻けるReel(ABU Ambassadeur7000など)
又は
9/10 WeightのFly Rod
+
それにあったFly Reel(強力なDisk Drag付)
Red Salmon用 20lbsのLure Rod
+
20lbs lineが200yards巻けるReel(ABU Ambassadeur6000など)
又は
8 WeightのFly Rod(Russian Redは7 WeightでOK)
+
それにあったFly Reel
それ以外のSalmonはこの2種類でほぼカバーできます。
Fly LineはSink-Tip、Leaderなんて何でも良いが20-30lbs Lineを使っている。
魚がかかると強烈な引きなのでよくRodやReelが壊れる。予備がないと惨め。
つまり信頼性と耐久性が最も大事。

LureとFly
基本的にSalmonはBottom Feederで群に当ればなんでも釣れます。
FlyやLureを口にほっぽりこむ感じ。
バレやすいのでSharpなHookが必要です。
又根がかりするのでFlyなどは多量に必要です。
Salmonは昼は口を大きくぱくぱくさせて泳いでいるので、Lineが口の高さに流れればよい。日が傾いてきたら口を小さくしか開けないので、むしろSalmon Eggの疑似餌で誘う感じになる。これが基本でしょう。又白濁した川(氷河の下流)から清流に上がって来たときは鰓の泥を落とすために口を大きく開けるので釣りやすい。逆にホールにいるときは休んでいるので釣りにくい。この場合はホールから出てくるところを釣る方が釣れる。
LureはSpoon,Spinnerとも現地で購入するのがよい。
Flyも現地で安く購入可能。自分で巻く人もMaterialは日本で買うよりずっと安い。
Kasilof King用

size 4/0又は5/0クラス。Gamakatsu製は優秀なので人気がある。
LineにはBumper Loop又はEgg Loopで結ぶ。
以前はこれに小型のSpin-N-GloというプロペラのようなLureを使用した。
最近はLoopに蛍光色のYarn(毛糸)を巻いただけのものを使用している。色は黄色と緑。赤いビーズを一つ入れるとなお良い。蛍光黄色と緑のビーズだけでもよい。
こういった簡単な仕掛でも釣れるし、Kasilof以外でもおおよそこの仕掛が有効。

右の写真にある仕掛は最近流行っている通称Blue Ballというもの。The KASILOF Specialとして釣具屋で売っている。Hookは二つ付いているが、Regulationをよく読んでSingle Hook Onlyでないことを確認して使うこと。
Russian Red用
Russian River Fly size 2 (Streamer)
--Regulation(PointとShankの間隔3/8inch)で定められている。
--これ以下のHookでも釣れる。
--Tiemco製 No.4 Streamer Hookは以外とお奨め。根がかりに有利。但し時々強い引きで伸される。
このFlyはSeasonはじめは1個85セント、Season半ばで3個$1で売っている。但し市販の物はHookがあまい。
Mountain View Sports Centerで売っているGamakatsu Russian用のStreamer Hookで自作するのが一番いいのではないか。Hookの強度が十分で、重さもRegulationに違反しない程度に重い。
Russian以外でもおおよそこの仕掛でよい。

Yagihashi Special(自己満足の為のFly。本当はもっと簡単なものでよい)
Kenai Red用 Russian用でもよいがもう少し大きいHookが許される。

特殊な釣り方
Remote Siteでは自由に釣れるが、混んでいる釣り場では若干特殊な釣り方をする。
----Flipping----
Castingがスペースの関係で難しい事やFlyをなるべく早く沈める為にSinkerを使用し、その重さを利用して投げる。
LineはRodより5-7m出し、川上45度に投げ、おもりが底に当たってコツンコツンと手に感じるように川の流れに沿って流す。。
1分間に7-10回のCastingができるので効率よく釣れる。
Fly Onlyの釣場ではSinkerはHookから18inch以上離すこと。


Alaskaの人は自由な発想で釣りを楽しんでいる。Regulationに違反しなければ、Fly RodにLureを付けたり、様々な仕掛を使っている。特にFlipping用にFly Reelに普通のモノフィラメントのLineを巻いている人が結構いる。Fly Lineは値段が高いからか。
ここで紹介したようにすべてAnchorageで購入でき日本で購入するよりずっと安い。そのついでにお店の人から色々な情報もききだせる。これらすべてが手には入るのはMountain View Sports Centerかな。その他Anchorage市内で購入する店はAnchorageタウン情報を参照。
ご質問やご意見がある方Mailでどうぞ
[salmon fishing]
[Home]